雑談

Adoのゲフィン・レコードってどんな会社?所属アーティストを調査

ゲフィン・レコード

歌手のadoさんが、アメリカのゲフィンレコードとパートナーシップを結んだとのことで、話題になっていますよね。

ですが、アメリカのゲフィンレコードって、日本の人はほとんど知らないのではないでしょうか。

実は、とんでもないアーティストが数多く所属しているところです。

今回は、ゲフィンレコードについてお話ししますので参考にしてみてください。

adoがゲフィンレコードと契約?

Adoさん本人が、ゲフィンレコードとパートナーシップを結んだ、と報告がありました。

アメリカだけではなく、世界で活躍するために契約したのでしょうが、そもそも、どんなレコード会社なのか。

ゲフィンレコードは、1980年に設立された老舗の会社です。

設立者は、デヴィッド・ゲフィンです。

adoが契約したゲフィンレコードがすごい!

アメリカのレコード会社と契約できるなんてすごい!って思いますが、それ以上に所属しているアーティストがえげつないです。

たとえば、イーグルス、エアロスミス、ジョンレノン、ニルヴァーナ、ホワイトスネイク、などが該当します。

どのアーティストも、超が100個くらいつく一流の人物たちですよね。

70年代、80年代ロック好きなら知っているはず。

そのなかに、弱冠20歳のAdoさんが参加するわけですから、とんでもないことだと思われます。

ゲフィンレコードは日本人はいないの?

ゲフィンレコードは、Adoさん以外に喜多郎さん、オノヨーコさんが所属しているようです。

喜多郎さんは、日本のキーボード演奏者で作曲家として知られています。

おそらく、日本人はたったの3人だと思われますので、偉業を成し遂げたと言っても過言ではありません。

Adoのゲフィンレコードのまとめ

ゲフィンレコードという会社は、あまり馴染みがありませんが、アメリカではとんでもない一流アーティストが所属しているレコード会社ということがわかりました。

Adoさんは、元々歌唱力がスバ抜けており、最初は投稿からスタートして数年でゲフィンレコードですからとんでもない才能ですよね。

ABOUT ME
たぬきち
速報トレンド、マンガのネタバレ、イベント情報などあらゆるトレンド系ネタを最速で公開しています。所有資格は20個くらいあるマニア? 実際は2~3個しか活用できていないことに気付く。