仕事の悩み

転職で本当に有利な資格取得ってどれ!?18個保有している資格マスターがおすすめ勉強法を伝授

転職 資格

転職をする際に、少しでも他のライバルよりも有利に進めたい。

そう思う人は非常に多いのではないでしょうか。

なぜなら、せっかく時間をかけて面接までこぎつけたのに、不採用になるとショックが大きいからです。

そこで、学歴や職歴以外で有利になるものが1つだけあります。

それが資格です。

私自身が、なんと18個の資格を取得しているため、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

資格取得をしておくことで有利に進むことができる

正直、私自身学歴がなく、それがとてもコンプレックスではありました。

年下の大卒に給料を抜かれ、昇給もなし。

これではいかん!と思い、資格取得を目指すことになりました。

結果的には面接でもすこぶる評判が良くて、面接官が履歴書の資格欄を見て「頭のいい人ちょうど欲しかったんです」。

これで内定を勝ち取ったこともありました。

実務で使う使わないはさておき、資格ってとても大切なんだなぁと思った瞬間でもありました。

ちなみに、私は学生の時は赤点ばかりのどうしようもない人間でした。(数学なんて10点くらい)

つまり、賢くないのに18個も資格が取れたというわけです。

だから、どんなひとでもやり方さえ間違っていなければ資格が取れますよ。

 

資格の勉強もですが同時に転職活動もお忘れなく。
転職アプリのキャリコネが激熱!?転職活動で知りたすぎた情報が入手可能!素通りは後悔レベル

転職がうまくいかない!ブラック企業で人生終わらせないためには

 

社会人として絶対に持っておくべき有利な資格1位は「日商簿記」

簿記と言えば、お金に関わる資格です。

なぜ簿記が必要なのか。

それは、どんな職種や業種でも、お金は絶対に使うからです。

つまり、日商簿記を取得しておけばどこの会社でもある程度は評価してくれるということです。

営業職なら計算できそう、って言われますし、事務員でも経理を任せてもらえるかもしれません。

また、副業をするときにもこの資格は超絶役に立ちました。(一人で会計処理して確定申告しました)

 

POINTできれば日商簿記2級までは取得しておこう!

難易度は少し高いからこそ取得する価値がある。

簿記には3種類あります。

それぞれ難易度が違いますので、間違えないように。

日商簿記

一番有名で資格とての効力があるのが、日商簿記です。

日商簿記は、商工会議所主催の会計に関する資格です。

数ある資格でも、履歴書に3級は書いてはいけないという暗黙の了解があります。

それは、どんな資格でも3級は入門編だからです。

しかし、日商簿記だけは許されています。

なぜなら、小さな会社の経理を任せることができるからです。

ちなみに、日商簿記3級は1カ月の勉強で合格。

2級であれば半年もあれば合格できるでしょう。

日商簿記

 

3級の合格率を見ると、だいたい半分のひとが合格しているため、難易度はそこまで高くありません。

 

日商簿記

続いて2級。

試験日によって大きく合格率が異なるのが解ります。

片方では50%近くの合格率なのに、片方は10%に近しいものとなっています。

日商簿記の試験って、いつもこんなんです。

ですから、運が悪いと不合格になる場合もあります。

(私は10%の時代に受験し涙しましたが、2回目には合格)

全経簿記と全商簿記

簿記は、日商のほかにも、全経簿記と全商簿記があります。

全商簿記は基本的に、学生の頃に受験する資格ですので、社会人になると全くの無縁といってもいいでしょう。

また全経簿記は、日商簿記では出題されないようなマニアックな質問が多々出ます。

しかし、この2つに関してはあまり知名度がないため、受験はおすすめしません。

行政書士

行政書士は、法律に関する立派な国家資格です。

法律と言えば、弁護士や司法書士ですが、このどちらかを合格するとなると、仕事を辞めて数年間勉強しなければなりません。

正直それは無理です。

行政書士なら、1年間くらいの勉強で合格できてしまいます。

また、行政書士は将来独立することもできるため、人気のある国家資格です。

それは、どんな会社でも重宝される資格でもあります。

しかも立派な仕業なので、「先生」と普通に呼ばれます。

とは言っても、他の資格とは比べ物にならないくらいの難易度です。

なぜなら合格率は5%だから。

普通に独学では無理ですしモチベーションすら維持できません。

 

POINTモチベーションを下げないためにも、
効率よく短期間で合格することを目指しましょう。

色彩検定

色彩検定は、色に詳しくなる資格です。

カラーコーディネーターという資格もありますが、運営会社が違います。

色彩検定は、実はさまざまなところで役に立ちます。

アパレル業はもちろん、飲食業もそう。

WEB業界もかなり頻繁に色を使うため、とても重宝されます。

また、プライベートでも服装などのセンスが格段にアップするため、本当に幅広く活躍できる資格です。

ちなみに、色彩検定は2級から取得することをおすすめします。

色彩検定3級は簡単すぎるため、とばして受験するほうが早いです。(私がそうしました)

効率的に資格取得をする方法を実践形式で伝授

資格取得をしようと思っても、モチベーションが続かなければ意味がありません。

惰性で続けても絶対に不合格になってしまいます。

そこで18個の資格を取得した経験をもとに、どうすれば効率よく合格できるのかを伝授します。

テキストは買わずに問題集をひたすら解く

資格と言えば、テキストですがぶっちゃけ無駄に終わることが多いです。

なぜなら、テキストは初歩的なことしか書いてないからです。

日商簿記に関して限定すればテキスト必須ですが、それ以外の資格はあまり必要ありません。

いきなり問題集からスタートしても問題ないということです。

そして問題集を何度も何度も繰り返します。

いずれ間違える回数が減ってくるので、9割くらいの正解率になったら仕上げです。

また別の問題集を1冊購入し、問題集を解いてみてください。

9割以上正解でしたら、結構いい線いきます。

しかし、これも流れ作業ではしないでください。

なぜこうなるのかを理解したうえで、答えるようにしないと、ひねり問題がきたときにアウトです。

集中できる場所で勉強すること

勉強するのに、騒がしいところだったり誘惑が多い場所では、全然進みません。

ですから、勉強だけに集中できる場所にあえて身を投じる必要があります。

近くの図書館や静かな喫茶店、コワーキングスペースなんかもおすすめですね。

勉強に集中できれば、ほんとうにスラスラと進みますよ。

勉強を楽しむこと

資格を取得する前提に、勉強を楽しむことが重要です。

ぶっちゃけ、問題集の最初は何が何だかわからないため、苦痛以外のなにものでもありません。

しかし、少しずつ理解してくると、とても楽しくなってしまうものです。

今まで解けなかった問題が解けるようになると、すごく達成感がありませんか?

また、同士を見つけることも大切です。

同じ目標に向けて勉強すれば、挫折することなくゴールも可能というわけです。

独学よりオンラインスクールを受講するのが近道

正直、独学になるとどうやって勉強していいのかが解らないものです。

とはいえ、有名な資格の学校は高すぎるし、なかなか手が出ないのも現実にあります。

そこで、いま格安で資格の勉強ができることをご存知でしたでしょうか。

それが資格のオンラインスクールです。

オンラインスクールだから、学校に行くというわずらわしさもありませんし、なによりめっちゃ安く受講できます。

オンスクJP

オンスク

公式サイトhttps://onsuku.jp/

 

オンスクJPは、いつでもどこでも学習できるオンラインスクールです。

高い受講料が不安だったり、忙しくてなかなか学校に行けないひとにとっては好都合。

オンスクJPでは、ウケホーダイプランがなんと月額980円から。

ウケホーダイプランにも2種類あり、スタンダードとライトがあります。

スタンダードが、全ての機能が利用できて月額1,480円~。

ライトが、最低限の機能で利用できる980円~。

 

オンスク

 

オンスクでは、どちらのプランも26講座の受講ができます。

日商簿記はもちろん、行政書士、色彩検定、社会保険労務士など多岐にわたります。

ぶっちゃけ、これらの資格を普通の学校で学んだら、数十万円はかかります・・・。

月額980円~、おそるべし。

これはオンラインスクールだからこそ、人件費などの削減により実現できたのでしょう。

 

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

まとめ

資格を取得するのは、少しでも効率よく、そして努力をしなければなりません。

ですが、その努力した分が、感じたことのない達成感を味わえるのと、転職を有利に進められると考えればどうでしょうか。

完全独学も良いですが、いまは便利で格安のオンラインスクールもあるため、有効活用してみてください。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。