仕事の悩み

仕事のプレッシャーで潰れそう!逃げたいと思ったときに乗り越えるための3つの方法

仕事 プレッシャー

 

正社員になり、半年から1年経過するとやってくるイヤなこと。

それがプレッシャーではないでしょうか。

正社員として入社したてのことは、覚えることも沢山あり、責任を押し付けられることはありません。

しかし、ある程度慣れてくると、大きな仕事を任されるようになりプレッシャーに感じてしまうことでしょう。

まさに、責任とストレスから逃げたくなるはず。

たぬきち
たぬきち
何回も逃げたくなる環境を作り出しているのは会社の責任だよ

そこで、仕事でプレッシャーで潰れてしまいそうなときに、どうすればいいのかを実体験をもとにお伝えします。

仕事で毎日プレッシャー!逃げた過ぎて仕方ないのはなぜ?

毎日が楽しく仕事ができている人は、どれくらいいるのでしょうか。

私の経験上、そんなハッピーな人は1割にも満たないと感じています。

もちろん、私自身も。

仕事がプライベートのように楽しければ、プレッシャーなんて感じることはありません。

しかし、給料をもらっている以上は、数々の試練を乗り越えなくてはなりません。

ですから、入社わずかではなく半年以上在籍している社員が、プレッシャーでやられてしまうということです。

それはなぜか。

入社半年もすると、業務内容を把握しやるべきことが見えてくるからです。

当然、上司や先輩から仕事の指示をもらったり、目標を定められたりするでしょう。

まさにそれが、プレッシャーに感じてしまうわけです。

 

たぬきち
たぬきち
やったことない業務を任されると不安になります。

 

やらないといけない、達成しなかったらどうしよう、なんて不安にかられ逃げ出したくなってしまいます。

それが毎日続いてしまうと、もう泣きたくなるわ飛びたくなるわのオンパレードです。

しかし、このままいろんな意味で悪影響を及ぼしてしまう環境から、はやく抜け出さなければなりません。

 

以下の記事も参考にできます。

転職がうまくいかない!ブラック企業で人生終わらせないためには

仕事辞めたい時ってどんなとき?地獄から抜け出すためにやっておきたいこと

プレッシャーで潰れなそうなときに絶対にやっておくべきこと

かくいう私も、すさまじいほどのプレッシャーに耐え、生き抜いてきた自負があります。

途中で、自律神経失調症や適応障害にもなってしまいましたが、それすらも乗り越えてしまいました。

私は過去の数年間は新規営業職に従事していました。

結果がでなければ、上司に罵倒され、結果を残したいために追い詰めてしまう。

グレーゾーンギリギリの契約をし、怒られないかとビクビクしながら毎日を過ごす。

どうしようもなくなったら、自腹買取り、なんてこともありました。

当然、毎日トイレでうずくまり、ついには栄養失調で倒れてしまうことに。

あまりに悩みすぎて、食事を数日間摂取しなかったのが原因でした。

そこで、そんなしんどさから少しでも抜け出すことができた方法を、リアルにお伝えします。

 

たぬきち
たぬきち
抜け出す方法はいくつかあるので大丈夫ですよ!

 

自分のスキルやキャパと合っていないことを確認してもらう

まず、やってほしいことといえば、その仕事が自分の能力に合っているのかどうかです。

もちろん、上司はそれを把握しているはずですが、思った以上に難しい業務の場合があります。

上司は行けるだろう、と思っていても、自分は無理だと感じてしまうわけです。

当然、無理して受けてしまったのであれば、まずは全力で頑張ることは最低限やっておきましょう。

それでどうしても仕事が難しかったり、達成できなかったのであれば、素直に報告することが重要です。

真面目に抱え込んでしまうことは、絶対にやめておきましょう。

休日はウルトラストレス発散だけに全てを費やす

毎日仕事をしていると、非常にストレスがたまってしまいます。

それはもう、嫌で嫌で仕方なくなるくらいに。

当然、仕事中にストレス発散なんて絶対にできません。

かといって、落ち込んでしまって休日も家にこもっているのはもっとよくありません。

どんなことでもいいので、休日は外出するようにしてください。

外の空気を吸うのもそうですが、何か行動に起こすということは非常に大切です。

また、趣味があればそれに1日中没頭するのもいいでしょう。

その間でも仕事のことをいっさい忘れることができるため、進んで行動するようにしましょう。

仕事辞めたい!プレッシャーから逃げるための転職は悪くない

どうしてもプレッシャーに耐えられなさそうであれば、転職することがベストです。

えっ?そんな簡単に転職していいの?って思ってしまうでしょうが、問題ありません。

それはなぜか。

なぜなら、いまは超売り手市場のため、どこも人材を欲しているからです。

もし今の時代が超氷河期であれば、そこまで言うことはありません。

むしろ、転職するなら今のうち、ということです。

正直転職は勇気がいりますが、実行しなければ何も人生変わりません。

つまり、実行すれば明るい未来が待っている可能性が高くなるということです。

 

たぬきち
たぬきち
転職は逃げではなく挑戦ですよ!

うつ病かも?仕事のプレッシャーで潰れる前に病院へ直行

精神的にしんどい状況が続けば、そこから離れてしまいたくなります。

しかし、仕事をしている以上、それはなかなか叶いません。

とはいっても、日を追うごとにしんどさは増えていくもの。

疑いたくはないですが、体そのものが休みたいというサインの表れでもあります。

そこで、嫌かもしれませんが、まずは適切な場所で受診するようにしてください。

もし、何も言われなかったのであればただの勘違いで済みます。

逆に、仕事をすることを止められるようでしたら、強制的に休職することもできます。

そのときは、診断書を持参して会社に提出することで、長期休暇を取得することができるでしょう。

病気で長期休暇中の過ごし方についての詳しいことは⇒傷病手当金の計算方法と申請書の書き方と休職中に必ずやるべき5つのことを完全レクチャー

まとめ

仕事のプレッシャーは、はかりしれないものです。

それは、社歴が長くなればなるほどその負担は増えていきます。

ですが、無理して仕事を続けてしまってはそれこそ働くことができなくなるでしょう。

しっかりリ休日はフレッシュして、気持ちを切り替え仕事に挑むようにしてください。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。