仕事の悩み

ライティングでモチベーションが下がった時にやっておくべきこと

ライティング モチベーション

私はかれこれ4カ月以上、ランサーズ内でライティングをし続けています。

正直、同じジャンルをライティングしていると飽きもきますし、モチベーションも一気に低下してしまいます。

そうなってしまうと、ライティングスピードは下がり、収入も落ちてしまうことに。

そうならないためにも、どうやってモチベーションが下がった時に回復させるかを考えてみましょう。

ライティングでモチベーション下がる原因とは?

モチベーションが下がる原因は、やはり流れ作業のようになってきてしまっていることではないでしょうか。

特に私は工場のライン作業のようなことが大変苦手です(工場の人すいません)

WEBライティングも同じで同じジャンルを書き続けていると飽きがきてしまい、スピードが明らかに落ちてしまいます。

そうなってくると、稼ぎ時の土日も2記事くらいを仕上げたら満足してしまいます。

慣れって怖いものです。

モチベーションを上げるためにやっておくべきこと

ずっと家にこもっていては集中できるものもできません。最悪散歩でもいいので外の空気を吸う事をおすすめします。

ショッピングに行ったり、カフェに行くのも有効です。ノートパソコンをお持ちであればカフェで仕事もできるというものです。

結局は仕事しないといけないのかい!って思ってしまいがちですが、カフェでパソコンを開いている人は、なぜかデキル人に見えてしまうものです。

それもモチベーションアップの方法と言えばそうかもしれません。

あえて数日休んでみる

納期が迫ってくると焦りますがあえて、1日2日休んでみてはいかがでしょうか。そうなると、そろそろヤバいという心理状態になるため、ライティングが進むものです。

私は、行き詰まった時は、このようにあえて休暇をとり、その次の日に一気に進めていきます。

違うジャンルに応募してみる

私は、転職や仮想通貨系の記事ばかり書いてしますが、キーワードが似ていると、同じような内容を書かざるをえなくなってきます。

正直各ペースは速いですが、飽きます!

そこで、あえて募集から新しいジャンルを探して応募してみてはいかがでしょうか。継続依頼をもらいすぎていると、新規依頼を見る暇がなくなります。

たまには新規依頼を眺めてみて、良さそうな案件があれば応募してみましょう。新しいジャンルで調べる時間もかかりますが、気分転換にライティングしてみるといいでしょう。

まとめ

モチベーションが下がってしまうと、元に戻すのは非常に大変ですし工夫する必要があります。

効率よく1カ月をライティングで過ごすためには、うまいことリフレッシュをし頭を切り替えてください。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。