ランサーズ

ランサーズで外注記事を依頼するのは危険!?絶対失敗しない方法を一挙公開!

ランサーズ 依頼方法

今回も依頼者側にたってお話しようと思います。

最近口をすっぱくして、コンテンツマーケティングが大切だといってきました。

ですが、質の良い記事を書いてもらうためには、良いライター探しが必要不可欠です。

そのライター探しに苦戦されている人は、非常に多いのではないでしょうか。

そこで絶対に失敗しないライターの探し方を一挙公開します!

ランサーズにはどういうライターが在籍しているの?

ランサーズに関わらず、クラウドソーシングはお互い顔が見えません。

つまり、依頼してはじめてその人の実力がわかります。

これって本当にやっかいです。だって、依頼して納品された結果、ぜんぜん良いライターじゃないのにお金は払わないといけません。

切っては新しいライターを採用しての繰り返しです。

このように、どうやって良いライターをみつければいいのか、という相談をよくいただきます。

実は、ランサーズはだれでも登録できるというメリットがありますが、その分ライターもどきが大量にいるのをご存知でしょうか。

なぜなら未経験でもランサーズに登録すれば、すでにWEBライターとして名乗っていいわけですから。

とりあえず応募したら、何人かから応募がくるはずです。

そこで適当に選んでしまっては、お金の支払い損になってしまうことでしょう。

悪質なWEBライターは存在します!

だれでもWEBライターを名乗れるのであれば、良い人も悪い人もいるというのが現状です。

しかも、気分を害するほど悪質なWEBライターはわずかですが存在しています。

私が経験したなかでは100人中1人は超悪質ライターでした。

悪質WEBライターの手口とは

当然、依頼していいのかどうかをプロフィールをみて判断します。

その悪質なライターのプロフィールは、しっかり書かれており、Twitterアカウントの公開もしている。

さらにTwitterも毎日のようにツイートしてるため、まぁ大丈夫だろうという判断でライティングの依頼をしました。

納期ははやく、その時点ではとても満足でした。

ですが、ふたをあけてみれば、他のWEBサイトの文章を1ページ丸ごと、一語一句まで同じ文章をワードで送ってきました。

信じられますか!?

ちなみにそれを指摘したらフルシカトされたので、仮入金をキャンセルしました。

なぜ、そのような悪質行為をみつけることができたのか。

それはコピペチェックをしたからです。

納品後に必ずやっておくべきこと

当然、文章だけ見ても、それが良いのか悪いのかは、素人では判断できません。

ですから、文章のうまい下手に関わらず、コピペチェックを行うべきです。

コピペチェックとは、他のWEBサイトから文章をコピーしてきていないかを調べることをいいます。

ようするに、オリジナル文章で納品されたのか、です。

もし、盗用された文章を自社サイトにアップしてしまうと、コピーコンテンツと認識されます。

つまり、Googleから邪魔者扱いされ、ペナルティを受けてしまいます。

ですから検索順位が一気に下がってしまうということです。

なにより、コピーしてきた文章にお金を払うわけですから、ムダ金を悪質ライターに支払うわけです。

そんなこと絶対にゆるせませんよね!

コピペチェックの正しいやり方をしっておこう

ランサーズにもコピペチェックツールはありますが、判定がユルユルで使い物になりません。

もし無料でコピペチェックをしたいのであれば、面倒ではありますが文章の1文をコピーしてGoogleの検索窓に貼り付けてください。

文章をどこかのサイトからパクってきたのであれば、1位や2位のサイトが反応します。サイトの文章をチェックして、そのままパクっているのであれば黒です。

もちろん続けて他の文章も確認してみましょう。そもそも1文がコピーされているのであれば問題です。

しかし、当の本人に悪気があるのかどうかなんてわかりません。

念のため事情を説明して書き直してもらいましょう。それを拒否されるのであれば支払いすることはありません。

もちろん、有料のコピペチェックツールもあります。おすすめのツールはコピペリンでしょうか。年間ライセンス契約で6,000円と、まぁまぁ安いものでしょう。

ここでは使い方はあえて説明しません。

このコピペチェックは、ほんとうに大事な作業ですから必ずすましておきましょう。

WEBライターの評価をチェックしよう!

依頼する前に、悪質なWEBライターかどうかを判断するものがあります。

それがランサーズの評価です。

 

これは3人の評価をくらべたものです。

いちばん左が私です。受注数が50件以上あり評価が4.9。プロジェクトは100%完了しています。

つまり、たくさんの良い評価と、受注したら最後までやりきるということがこのデータでわかります。

タスク承認率は、まだ稼げていないときになぜか1件だけ納品後、非承認にされてしまったものが残っています。いまだになぜ非承認だったのかがわかりません。

真ん中をみてみましょう。まったく実績がありません。新規登録者であれば仕方ありませんが、登録してから期間もあるのであれば、依頼するのは賭けといってもいいでしょう。

逆にいうと、実績がないためやすく依頼できる可能性があります。

一番右をみてみましょう。受注は少ないですが、評価が3とかなり低いです。さらにプロジェクト完了率が40%と、これも低いです。

つまり、希望通りの納品ではないのと、途中で投げ出される可能性があるということです。

念のためその人のプロフィールを拝見すると、しっかりかいてますし責任をもって最後までやります、とありました。

いくらプロフィールをいいように書いたとしても、実績はウソをつきません。

ですから一番右のライターのような実績から応募があった場合、お断りするのが賢明といえるでしょう。

まとめ

コピペチェックと、応募された人のプロフィールを確認するだけで、かなり悪質なライターを除外できます。

逆にこれをやっておかないと、払う必要のないライターに支払うことに。さらに自社サイトのペナルティ回避のためにも、絶対に忘れないようにしましょう。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。