ランサーズ

コンテンツマーケティングで大活躍!?WEBライティングは手っ取り早く稼ぐためのツール

 

手っ取り早く稼ごうと思ったら、アフィリエイトと考える人はどれくらいいるでしょうか。

たしかにテクニックがあればそれは叶います。

しかし、ほとんどの人は絶対に失敗するでしょう。

そこでやるべきことといえば、ひとまずWEBライティングで稼ぐことです。

コンテンツマーケティングとよばれ、これをマスターしておけば、超強力な記事が書けます。

もちろん、ブロガーとして記事を書いている人にも大いに役立ちます。

これができる人は非常に少ないですし、知っている人もそうはいません。

つまり、需要がありすぎるため手っ取り早くクラウドソーシングで稼げます。

この記事でわかること

・WEBライティングの重要性
・コンテンツマーケティングが自分の価値を見いだす
・自動的にSEO対策もできる

昔はリライト記事を書くだけでよかった

2016年くらいまでは、正直アフィリエイトサイトの作成はそう難しくはありませんでした。

なぜなら、適当なテンプレートを使って、中身の記事はリライトで問題なかったから。

リライトとは、どこかのWEBサイト内の記事を自分なりに書き換えることを表します。

そしてその記事を大量生産すれば、WEBサイトの評価とSEOの順位が上がりました。

しかし、それを良しとしなくなったGoogleは、徹底的にそのようなサイトを圏外に放り投げました。

運営していた月間売上150万円のサイトも、いきなり圏外になり売上が0円なんてことも。

まさに、いつどうなるかがわからないのがアフィリエイトサイトの怖さともいえます。

WEBライティングは安定的な収入源となる

WEBライティングなんて、稼げないと思っている人はとても多いはず。

ですが稼げないのは、やり方が間違っているからとお伝えしてきました。

しっかりしたやり方をして人として当たり前のことをしていれば、継続的にお仕事が舞い込んできます。

私は、当初ランサーズメインで仕事を受注していましたが、SEOコンサルのかいもあって、業務委託中心に活動するようになりました。

ランサーズメインでは、月に16万円稼ぐことが自分的には限界でした。

しかし、業務委託にかわってから月に25万円くらいを確保することに成功しました。

副業でしかも、ライティングだけで25万円はおそろしいことではないでしょうか。

つまり、副業でWEBライティングだけでも稼げますし、ブログを書いているのであれば質もアップすることでしょう。

WEBライティングにはコンテンツマーケティングが必須

とはいえ、ランサーズにある低単価のタスクやプロジェクト形式ばかりでは、しんどいです。

そこで、ほかのライバルと差をつけるために、コンテンツマーケティングを学ぶ必要があります。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することをあらわします。

つまり、この手法さえ覚えてしまえば、こっちのもの。

だって、これを意識してライティングできる人はそういません。

コンテンツマーケティングは、いかに人の心を動かし、最後まで読ませられるかが大きなポイントです。

コンテンツマーケティングはSEO対策でもある

SEO対策では、滞在時間が大切だとお伝えしました。

タイトルや見出しも大切ですが、それだけでは滞在時間はのばせません。

プラスアルファで、記事を読ませるためのコンテンツマーケティングが必要不可欠です。

タイトル・見出し・コンテンツマーケティングの3つが揃えば、Googleにも評価されSEO対策ができるということです。

ちなみに滞在時間の目安は、1500文字程度で2分くらいあれば優秀です。

1分未満なら、すぐに修正してください。

まとめ

正しいWEBライティングを習得することができれば、稼げますしSEO対策だってできます。

さらにアフィリエイト用の記事を書くのも容易になります。

つまり、生活できるだけの収入を得ることができます。

いまの時点で高度な記事を書ける人はごくわずかにすぎません。

だからこそいま、コンテンツマーケティングを意識したライティングをしましょう。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。