スポーツ

ブレイキングダウン7いつ?オーディションや注目選手を調査

ブレイキングダウン7

ブレイキングダウン6が大盛況のなか終わり、さっそくブレイキングダウン7のオーディションが募集されました。

これだけ短いスパンで試合が組まれるわけですから、格闘会のなかでも、もっとも注目されているコンテンツといっても過言ではありません。

ブレイキングダウン7はいつ?

ブレイキングダウン7はいつ開催かは、決定していません。

ただ、オーディションの募集期間が2022年11月3日~11月20日ですから、それ以降だということが分かります。

また、会場オーディションは12月11日ですから、おそらく1月~2月中頃あたりにあててくるのではないかと想定できます。

ただでさえ、ブレイキングダウンは勢いに乗っているので、このまま波に乗り続けるためにはベストな日に開催することが重要ですよね。

ブレイキングダウン7のオーディション詳細について

ブレイキングダウン7のオーディションは、2022年11月3日~11月20日までが応募期間となっています。

そこから審査を経て、さらに会場オーディションが2022年12月11日に東京都内で開催されます。

つまり、書類選考に通過し、会場オーディションで傷跡を残さないと試合はできないということです。

最近はブレイキングダウンの知名度が上がりすぎたこともあり、何千人という応募があるそうです。

そこから試合がくまれるのは数十人程度ですから、かなりの倍率ですよね。

だからこそ、会場オーディションでは無茶をする人も増えてくるわけですが・・・。

ブレイキングダウン7の応募資格は?

ブレイキングダウン7の応募資格は、年齢や性別、身長体重は不問です。

格闘技経験も関係ありません。

ただし、未成年は法定代理人の同意が必須です。

また、2022年12月11日と2月4日に都内で終日活動できる人、大会前に撮影してくれる人などが該当します。

基本的に、東京都内で動ける人が好ましいですね。

書類選考が通過すれば、2022年12月11日の会場オーディションに参加となります。

ここでも、放送されていない参加者がかなりいるので、いかにして目立って先輩方の心を動かすのかが重要になってくるはずです。

ブレイキングダウン7で審査を通過するためには?

ブレイキングダウン1~6すべてを視聴してきて、どうすれば審査に通過できるのかを考えていました。

これは転職活動とかでもそうですが、いかにアピールできるのか、2番煎じではないのかが重要になります。

つまり、過去にだれもやっていないことをやってアピールすることが重要です。

だからと言って、暴れるのはもうそろそろやめた方がいいと思います。

というのも、ブレイキングダウン6でも会見中に相手にパイプ椅子を投げてケガさせた人物が複数名いるので。

将来的にブレイキングダウンの評判が悪くなることを考えると、真面目にアピールするべきですよ。

その点、10人ニキさんやまさおイムニダさんなんて上手ですよね。

何度も言いますが、相手をケガさせるような行動だけは絶対に辞めましょう。

ブレイキングダウン7の注目選手は?

ブレイキングダウン7は、まだオーディション中なので誰が出場するのかは分かりません。

ただし、6で勝利した選手がひな壇に座ることを考えると注目選手はある程度しぼられますよね。

たと啓さん、バン仲村さん、瓜田純士さんなどは華があるので次回も出場してくれるはずです。

とくに啓之輔さんは引退という言葉を口にだしており、最後に朝倉未来さんを指名していました。

朝倉未来さんは、いつでもいいですよ、という返事だったのでコンディションと他の試合の被りがなければ受けてくれるかもしれません。

まず、ブレイキングダウンで朝倉未来さんが選手として出場したことはないので、実現すればRIZIN以上に盛り上がるかもしれません。

あとは、モハンドラゴンさんは負け続けており、奥さんからおしかりを受けていたので、新しいモハンドラゴンさんが見られるかもしれません。

ブレイキングダウン7のいつのまとめ

ブレイキングダウン7のオーディションが開始されました。

次回も、とんでもなく荒くれものが出場するのは間違いありませんね。

個人的に、ブレイキングダウン5でちょっとでてきたピーターアーツが6でも出場しなかったので、どうなっているのかな?って気になります。

そもそも、戦う相手がいないような気がしますが。

ABOUT ME
たぬきち
速報トレンド、マンガのネタバレ、イベント情報などあらゆるトレンド系ネタを最速で公開しています。所有資格は20個くらいあるマニア? 実際は2~3個しか活用できていないことに気付く。