転職活動

毎日地獄の営業職に魅力ってあるの!?やっぱり適性がないとやっていけない

営業職 魅力

営業職って、正直なところ魅力ってあるのでしょうか。私は数々の営業職を経験してきました。

たとえば、新規飛込営業職。会社を1社1社訪問し、商品を売ることだけに徹底していました。その他ではテレアポ営業。これもまた1日300件ほど電話をかけまくり、アポを取るという仕事でした。

最後に反響営業。お店の中で待機しお客様がくるのを待つばかり。来店されたら商品を全力で販売する。

営業職は、

・新規飛込営業
・テレアポ営業
・反響型営業

この3つにわかれるのです。

未経験でもできそうなのは反響型営業!?

反響型営業は、飛込もありませんしテレアポすることもありません。ただひたすらお客様が来店されるのを待つばかりなのです。

もし暇な店舗に配属された場合は、ひたすらポスティングにまわされることでしょう。ここまでくると、別な仕事をしているようでした。

結果的に、未経験で就職しようが転職しようが反響型営業は、まだハードルが低いことがわかります。

ただし、飛込営業のように定期的にサボることができないのが難点。常にお店には上司や同僚がいるため、一瞬たりとも気を抜くことができません。

意外にまだ楽なほう!?新規飛込営業職

実は、新規飛込営業がいちばんしんどそうって思われがちですが、意外にそうでもありません。なぜなら、サボれるから。

よくスーツを着たサラリーマンが喫茶店やどこかの百貨店でボーっとしている光景を見たことはないでしょうか。あれは結構な確率で仕事をサボっている状況なのです。

なぜそういうことができるのか。それは誰も見ていないからなのです。たまに尾行されることもありますが、それは99%ないと思ってもよいでしょう。なぜなら尾行している時間がもったいないから。

そんなことをするなら売上作ってこい!ってなるわけなのです。また、サボれる人は数字を残しているからなのです。数字さえ残していればなにをしてもいいのが新規飛込営業の魅力なのです。

また、インセンティブ(歩合)も非常に高い傾向があり、下手すると基本給を抜き去ってしまうくらいになる場合があります。

とてもつらい分、大きな金額が自分のふところへはいってくるのです。でもそんなスゴ腕のひとはごく一部です。

100%地獄!テレアポ営業は離職率がヤバい!

正直いちばんつらかったのがこれ。テレアポ営業です。常に社内にいるわ、監視されてるわ、電話しまくりだし・・・。1分も心休まることはありません。ちょっとでも気を抜こうものなら上司からきついお叱りをうけることでしょう。

とくにブラック企業ではこのテレアポ営業メインで活動していることが多く、離職率も半端ありません。100人採用したら1年後には10人残るか残らないかのレベルです。

誰かがミスすると怒鳴られ、その怒鳴り声を聞きながらテレアポをし続けるのです。自分が怒られているわけでもないのに、その怒鳴り声を聞いてだんだんと委縮してしまうのです。

結果的にモチベーションは続かず・・・。

ですからテレアポ営業は、そうとう覚悟をもって入社しないといけないのです。

営業職に魅力はあるの?

営業職の魅力といえば、1にも2にもお金です。インセンティブです。

仕事をやればもらえるのです。

それも1万円や2万円程度ではなく、10万円や20万円くらいは軽くもらえてしまうのです。

基本給とあわせると、平均年収を軽く上回ってしまうのが営業職のスゴイところです。

でもさきほどもいいましたが、それができるのは、ほんのわずか。

野球選手もそう。1軍でプレーできる人数は限られているのです。営業職もまた同じです。

営業職は求人だらけ!

営業職は離職率が高すぎるため、つねに同じ会社が募集をかけているのが現状です。

アットホーム!幹部候補!高収入!。こんな言葉にだまされてみんな入社を決めてしまうのです。日本の社会のつらいところは、1度入社してしまうと、なかなか退職しづらいことです。

短期間で退職してしまっては、職務経歴書にキズがつくだけですし、次の面接で突っ込まれます。もし営業職を1度でも経験し挫折してしまったのなら、もう営業職を選択するのは辞めましょう。

営業職で挫折してしまったのなら、転職サイトをみることなく、転職エージェントに相談することをおすすめします。

これが以外にも使えるサービスなのです。

営業職への転職は絶対にやめよう

私は数回転職していますが、そのほとんどを営業職に費やしてきました。精神をすり減らし働けなくなるまでやり切った感がありました。

でも営業職を経験してしまうと次も営業職を探してしまいがち。それでは本当に人生を台無しにしてしまいます。転職回数が増えれば増えるほど、契約社員しか選択肢がなくなり、アルバイトしかなくなってきます。最悪日雇いなんてことにも・・・。

そのためにも転職エージェントのようなサービスをフル活用して、うまく転職してください。私は相談した結果、それでうまくWEBディレクターとして再起できました。

まさに理にかなった転職といえますし、なぜか営業職のときより基本給が高くなりました。手に職ではないですが、そのような職種につくことができれば、将来は安泰といえるでしょう。

いろんな転職エージェントに登録して面談しましたが、いちばん良い提案をしてくれたのはワークポートさんでした。営業職がイヤということと、それを活かした職種を探してほしいと伝えただけ。その日のうちにかなりの求人を提案してくれました。それでWEBディレクターへとなれたのです。

WORKPORT

もうひとつおすすめな転職エージェントは、リクルートエージェントです。就職や転職といえばリクルートをあげる方も多いのではないでしょうか。それくらい知名度は抜群です。紹介してくれる案件は断トツで多いため、数ある中から選びたい方であれば、リクルートエージェントはピッタリな場所です。

【リクルートエージェント】

まとめ

営業職は経験でもなくセンスが必要です。それは入社してみないとわからないもの。口下手な奴が売り上げトップなんてこともありますし、おしゃべり上手な奴が売り上げ最下位なんてこともあります。ほんとうに何が起こるかわかりません。

パルプンテをおこしたいのであれば営業職はおすすめしますが、自分の職歴を大事にしたいのであれば絶対におすすめしません。
※パルプンテはドラクエの呪文です。(わからない方はスイマセン)

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。