転職活動

ニートは就職できないなんていうのはウソ!?見事に社会へ復帰するためのおすすめな方法とは

ニート 就職

ニート。

つまり学生でもなく、フリーターでもなく仕事を一切せずほとんどが実家で寄生しているため、邪魔者以外の何者でもありません。

それは、働くこともせず、収入が全くないからではないでしょうか。

ニートという言葉は、ここ数年で随分認知されてきました。

それゆえに、世間からの関心が深いということを伺い知ることができます。

実は私は、フリーター生活も長かったですが、ところどころでニート生活を満喫していた時代がありました。

アルバイトを辞めてはしばらくゆっくり休む。

また、アルバイトをしてお金が貯まれば、どこかで退職する。

まさにゴミクズ同然の生活をしていたため、今思うと後悔でしかありませんでした。

でも、それからなんとかはい上がり、正社員と個人事業主という二足のワラジを履けるようになりました。

たとえニートだったとしても、正しいやり方をすれば私以上に、まともな社会のレールを踏むことだってできるわけです。

・実体験!ニートが人生終了の理由
・30歳までには対策を打つこと
・ニートで不安なら就職支援を利用するべき

ニートで就職するのが無理と思われるわけ

そもそもなぜ、ニートから就職することが無理と言われているのでしょうか。

それもそのはず。

仕事の経験値が全くないため、採用する側としてもリスクしかないからです。

よく考えてみてください。

ドラクエでいうと、レベル1のスライムとレベル20のメタルスライム、どちらを採用したいですか?

きっとほとんどが後者を選ぶことでしょう。

結果的に、ニートは就職すことができないと言われ続けている理由ということです。

30代までニートは確実に就職できない

もし、自分自身が20代中盤までであれば、まだ復活の呪文を唱えることができます。

私もそうでしたから。

しかし、30代に突入して長らくニートだった場合、人生終了なくらい就職することが難しくなります。

それは、ノー勉で東大受験をするようなものです。

書類選考を100通送ったとしても、100通はじかれることでしょう。

30代のニートは、使い物になりませんし、給料を払うほどの価値が全くないということです。

・・・厳しくてスイマセン。

ですが、もし30代に突入してヤバイと思って何とかしたいのであれば、1%くらいですが何とかなる可能性があります。

一般の就職サイトは書類選考で落とされるのみ

もし、就職を決意したのであれば、まず最初にやること。

それは、転職サイトに登録することではないでしょうか。

しかし、転職サイトでは履歴書は当然ながら、職務経歴書を入力しなければなりません。

ニートには、この2つは無縁といってもいいでしょう。

ですから武器のないニートからすれば、WEB上で戦うことは難しいと考えるべきです。

私は、フリーターとニートを繰り返し、ようやくつかんだ正社員の道。

その後結果を残したことで、中途採用面接官側にいたこともありました。

もちろん転職サイトの応募一覧をチェックしますが、職歴がない人は無条件で不採用にしていました。

やはり、応募者多数のなかで、何も武器がない人は目にすら留まらない、ということです。

職歴ナシは仕方ない!まずはできる職種で経験を積むこと

とはいっても、どうにもならないからといって諦めるのはよくありません。

人間、やればなんとかなるものです。

ニートはストレスも感じることなく、毎日楽な生活を送っています。

それは、周りの同世代より社会人としてのスキル差が生まれてしまうのは当然です。

つまり、楽をすればするほど、後で追いつかなければなりません。

ですから、職歴がないからダメと決めつけるのではなく、できる職種からチャレンジすることが重要です。

どうしても、周りとの差を縮めたいのであれば、営業職がおすすめです。

とてもハードルが高いように思えますが、それくらいしないと、いつまで経っても超底辺から卒業できません。

営業職は、入社難易度がとても低く、やる気さえあればだれでも採用してくれるという特徴があります。

もちろん私も営業職からチャレンジしました。

最初の1年半はずっと成績が最下位でしたが、なんとか耐えきることができました。

その地獄の経験が活きて今があることを実感しています。

そして今では、副業でも成果を上げることができ、年収も平均より高くなりました。

まさに営業職さまさまです。

確実に社会のレールを踏むなら就職支援サービスがおすすめ

ニートから就職するためには、転職サイトは近道といえます。

しかしその転職サイトが使えないのでは、意味がありません。

そこで、おすすめなのが就職支援サービスを利用することです。

就職支援サービスは、その名の通り、ニートを積極的に正社員へすることを目的としています。

そのため、まずは自分自身の現状を知ることからはじめましょう。

就職支援サービスでは、書類選考とかはせずに、コンサルタント(アドバイザー)と面談を行います。

あくまで面談ですから、面接のように堅苦しいものではありません。

面談をした結果、自分がどのような仕事が向いているのかの方向性を決めます。

それが決まれば、あとはコンサルタントの指示に従いましょう。

就職支援サービスは無料で利用できる

なぜ就職支援サービスがおすすめなのか。

それは、登録から就職まで、完全に無料で利用できるからです。

そもそも、ニートはお金を持っていません。

もし、有料だった場合、サービスを展開するだけ無駄と言っても過言ではありません。

では、なぜ無料なのか。

そんなことしたら就職支援サービス側の利益がないのでは、と思ってしまうでしょう。

人材を探している企業が、就職支援サービス側に、広告費を払っているから、成り立っているということです。

ニートは時間が腐るほどあるため、納得いくまでアドバイザーと話し合いをしましょう。

苦手な履歴書や面接対策を指導してくれる

就職支援サービスを利用するメリットとして、履歴書の書き方や面接対策を行ってくれることではないでしょうか。

正直、面接なんて経験したことないか、数回程度と言っても良いでしょう。

そんな状態でどこかの会社へ面接したとしても、当たって砕けろ状態になるはずです。

いや、当たることもできず砕けるだけ。

そこで、就職支援サービスを利用することで、正しい履歴書の書き方を教えてくれるというわけです。

また、100%苦手な面接対策も完璧になるくらいに、指導してくれることでしょう。

ニートにおすすめな敷居が低い就職支援サービス

とはいっても、全国には就職支援サービスというものがいくつか存在しています。

そこで、有名で尚且つ安心して利用できるものだけをピックアップしてみました。

キャリアスタート

キャリアスタート

100万円年収アップへ、をモットーに、ニートやフリーターを中心とした就職支援を行っているキャリアスタート。

そのため、希望年収もハードルが低く、200万円未満から設定可能です。

基本的にこのようなサービスは、希望年収が500万円以上しか選択できないことも。

そうなると、ニートは応募資格すらないように感じられます。

しかし、キャリアスタートはそういったことはありません。

まずは面談を行い、就職のサポートを受け面接をして就職を決定するという流れで正社員への道が開かれることでしょう。

キャリアスタート

ウズキャリ

ウズキャリ

ウズキャリは29歳以下のニートや第二新卒といった経験が浅い人に限定した、就職支援サービスです。

しかも、なんとニートの内定率83%以上。

書類選考通過率も、87%越えと脅威の数字と言っても過言ではありません。

また、カウンセラーも同じ様に元ニートだったり、第二新卒という特徴があります。

つまり、自分の気持ちをより一層くみ取ってくれるということです。

ニートから脱出!ウズキャリ

まとめ

ニートは時間が経てば経つほど、就職に苦労します。

そのため、29歳になるまでには、何かしらの手を打っておいてください。

そのまま放置していると間違いなく、破滅します。

頼れる親ですら、いつまでもお世話になることは不可能です。

親のためにも自分のためにも、少しの勇気を振り絞って就職支援を受けましょう。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。