転職活動

仕事辞めたい時ってどんなとき?地獄から抜け出すためにやっておきたいこと

仕事辞めたい

みなさんは、楽しくやりがいのある仕事に就けていますでしょうか。

私自身は、今でも仕事が楽しいと思ったことはありません。

しかも、ほとんどの人が同じように感じているはずです。

厄介なことに、仕事がしんどくて辞めたいと思っても、なかなか退職という1歩を踏み出すことができないのではないでしょうか。

そこで、なぜ仕事を辞めたくなるのか。

そうなってしまったときに、どうするべきなのかを考えていきましょう。

・仕事を辞めたいとおもってしまう原因
・辞めたいと思ったときにとるべき行動
・精神的に限界!簡単うつチェック

もう限界!仕事を辞めたいと思う時

仕事を何年も何十年も、むしろ定年まで同じ会社で働けたらどれだけ幸せなことでしょうか。

それは、公務員しか叶えられないといっても過言ではありません。

今は大企業でさえも、倒産やリストラの嵐にあっているからです。

また、働けば働くほどさまざまな理由で仕事を辞めたくなってしまいます。

では、なぜ仕事を辞めたくなってしまうのでしょうか。

ストレスの限界すれすれまで働いている

仕事を辞めたくなる最大の理由として、これをあげる人は非常に多いのではないでしょうか。

それは、ストレスの限界まで到達しているということです。

会社に属していると、マイペースで仕事を進めることができません。

いろんな人が関りあっているからこそ、そのペースに合わせていかなければならないからです。

それが積み重なっていくと、ストレスが最高潮になり、ついにはおかしくなってしまうということです。

働くことが楽しくない

働くことが楽しくないことも、仕事を辞めたい原因のひとつではないでしょうか。

そもそも、仕事が楽しく思えるなんて、そうそうありません。

たとえ自分がやりたかった仕事だったとしてもです。

人という生き物は、楽しくないものには時間を使いませんし、そこから離れたくなるもの。

仕事も同じように、1分1秒でも早く終わらせて帰りたいとおもうものです。

結果をだすことができない

仕事で思い通りに結果をだすことができれば、絶対に楽しいことでしょう。

評価もアップしますし、給料にも反映されること間違いなしです。

しかし、ほとんどの人は、思うような結果を残すことができません。

自分が描いている理想像から遠ければ遠いほど、苦痛が待っているということです。

次の職場が決まっていないことも足かせに

仕事を辞めた過ぎて、退職したとしても、勝手に次の職場が見つかるわけではありません。

また仕事をしながら同時進行で、新たに転職活動をするのはとても労力が必要です。

仕事を先に辞めてしまったら、無職になってしまいますし、収入が途絶えてしまうことでしょう。

もし一人暮らしの場合、これほど恐ろしいものはありません。

入社すぐの新卒で仕事を辞めたい場合

新卒で入社した場合、これがはじめてのまともな仕事といえるでしょう。

つまり、仕事の厳しさを知らないということです。

アルバイトであれば、責任がなかったため、問題に直結しても誰かが処理してくれました。

しかし、正社員になれば年齢関係なく、すべてに責任をもって対応しなければなりません。

嫌なことが積み重なると、入社早々でも仕事を辞めたくなってしまうものです。

もし、新卒で入社したばかりなのに、仕事を辞めたくなってしまったとしたらどうすればいいのでしょうか。

半年後や1年先のことを考えてみる

今の仕事をしていて、半年後にどうなっていたいのか、1年後にどうなれそうなのかを考えてみましょう。

例えば、頑張れば役職がもらえそうなのか。

給料はアップしそうなのか。

はたまた、ボーナスはちゃんと支給されそうなのかなどでも構いません。

働くための目標が持てるのかそうではないのかで、考えは変わってきます。

もし、周りの先輩を見て全く働いても成長する余地がなさそうなら、早々に転職するべきといえるでしょう。

そこにいるだけ時間の無駄です。

また、新卒の場合は第二新卒という枠で転職活動できるため、何かと有利に進めることができます。

それってうつかも!?おすすめ診断チェック

私自身、仕事のせいで重度のうつ病になってしまいました。

それは想像を絶するもの。

病院へ行き、薬を飲んでいましたが、それすら効かないほどのすごさでした。

仕事を辞めたいと思っているのであれば、もしかしたらとてつもないストレスを抱えているに違いありません。

そこで、私が実際に病院へ行った際に受けたうつ病の診断チェックがありますので、ぜひお試しください。

就寝までに30分以上かかるはいいいえ
寝ても夜中に目が覚めてしまうはいいいえ
日中意味もなくツライはいいいえ
以前より食欲が減ったはいいいえ
自分はダメな人間だと思うようになったはいいいえ
この世からいなくることを計画しているはいいいえ
何ごとも楽しめなくなったはいいいえ
笑うことが少なくなったはいいいえ
疲れやすくなったはいいいえ
集中力がもたなくなったはいいいえ

「はい」が5つ以上該当するようであれば、休職するか転職するという選択肢を真剣に考えましょう。

仕事が向いていないと思ったら転職することも視野に

仕事をはじめて3カ月から半年くらい経過して、仕事が向いていないかも?って思うことは少なくありません。

それは、ある程度仕事に慣れてきてやることが増えてきますし、厳しさも知ってしまうからです。

自分の考えていたことと現実のギャップが大きければ大きいほど、仕事に向いていないと強く思ってしまうわけです。

ただし、入社から3カ月を超えて退職してしまうと、職務経歴書に記載しなければなりません。

もちろん記載しないこともできますが、面接で空白期間を確実に突っ込まれます。

早急に退職するなら3カ月以内を目標に

早急に退職するなら3カ月以内がベストです。

それはなぜか。

基本的には3カ月というのは、試用期間内の範囲です。

つまり、自分に合わなかったら退職してもいいということです。

また、それくらいの期間であれば、履歴書に書かなくても問題ありません。

とくに社会保険の手続きをしていなかったのであれば、転職先で指摘されることもないでしょう。

今は個人情報に厳しくなっているため、会社でも保険や年金の履歴を追えなくなっています。

ただ、職歴詐称は良くないため、心配であればこの3カ月は試用期間でした、ということを伝えておきましょう。

もう少し頑張れるのであれば1年を目安に

短期間で仕事を転々としていれば、それは職歴として、スキルとしてカウントされることはありません。

つまり、仕事だけ変えて能力が一切伴っていないという判断をされてしまいます。

そこで、もし頑張れそうなのであれば、1年間は同じ職場で頑張ることを目標にしてみてはいかがでしょうか。

1年間やりきることができれば、ある程度の能力として評価されることも少なくありません。

また、1年間真面目に勤務していれば、失業手当がもらえます。

病気になって離脱する場合も、傷病手当金というものも支給される可能性がアップします。

ですから1年という期間が、とても重要なラインといえるのではないでしょうか。

仕事を辞めたいと言い出せないなら退職代行サービスを

仕事辞めたい!なんて考えているということは、きっと辞めることを言い出しづらい状況なのではないでしょうか。

転職サイトでおなじみ、ワークポートからのデータによると、退職を言い出しにくいと思っている人はなんと70%を超えるようなものでした。

つまり10人に7人は仕事を辞めたいのに、言い出せないでいるということです。

また、頑張って退職を伝えたのに引き止められた割合が60%以上。

さらにトラブルに巻き込まれてしまった割合が20%と、人権もクソもないような状況ということがわかりました。

そこで、注目されているのが退職代行サービスです。

退職代行サービスは、その名の通り、自分に変わって退職の交渉から手続きまでをフルサポートしてくれるサービスです。

本当にそんなことで退職できるのか、なんて疑わしく思ってしまいますが、百聞は一見に如かずです。

費用もそこまで高くないため、まずは問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

仕事辞めたいと思っても、何かが邪魔をしてすんなり進められないことが多数あります。

それがさらなるストレスになってしまい、体調を崩してしまうことに。

そうならいためにも、余裕をもって次の転職先を探すことが重要ではないでしょうか。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。