30代のニートで就職支援が最後のチャンス!後悔しても時すでに遅しにしないために先手をうつべし

30代 就職

タイトルを見て、ほとんどの人はハテナマークになるのではないでしょうか。

いやいや30代で就職だなんて・・・。

つまり、30代ではじめて就職をするということです。

しかし人にはそれぞれ事情がありますし、20代後半で就職した私からすればありえる話です。

決してダメとは言いません。

ただ今すぐにでも行動を起こさないと、永久にどん底から抜け出すことはできません。

ですから、もし30代になって就職を考えているのであれば、最後のチャンスと思い行動するべきです。

・30代で就職できないのはどんな事情なのかを考える
・諦めるのか希望をもって行動するのか
・30代で就職するためにやるべきこと

なぜ30代にもなって初就職!?

本来であれば、新卒と同時にどこかの会社へ就職するのが正規ルートと言えます。

しかし、なんらかの理由でレールを踏み外し、フリーターという選択肢を取る人が増えてきました。

ですが、フリーターになる理由はひとそれぞれ。

私もでしたが、フリーターのときは周りの同じような年上が何人かいました。

例えば、現在お笑い芸人だが食べることができないため、アルバイトをしていたり。

私のように、やりたいことが明確ではなく、いつまでもふらふらしていたり。

それが20代であれば、若さでなんとでもなってしまいますが、30代になると鬼門となってしまいます。

ですから、ヤバくなる前にはやめに就職活動をするべきではないでしょうか。

30代のニートなら人生諦めるか生き抜くか

正直、実家暮らしの30代無職になると、親から煙たがられるのではないでしょうか。

育てた親にも責任がありますが、本人がしっかり自覚しないといけません。

このまま10年も20年も同じことをやっていていいのか。

何ごともなければ自分より親の方が、いなくなってしまうのは解ること。

そうなった場合、自分自身が路頭に迷うかホームレスになるかの2択になってしまいます。

私はそれがイヤで、無心で就職活動をして正社員を勝ち取ることができました。

もちろん、仕事で嫌なことばかりですが、頑張った結果同年代よりも稼げるほどの力を手に入れたつもりです。

30代ならまだ間に合います。

しかし、極端な話、就職経験がないのであれば正直動くのすら怖いのではないでしょうか。

30代ニートの就職は転職サイトやハローワークは絶対に無理

重い腰をあげて就職活動をしようと思ったら、何を思い浮かべますでしょうか。

おそらくほとんどの人は、転職サイトやハローワークを利用するはず。

しかし、未経験の30代を面接するほど心の広い会社はありません。

あったとしても、スーパーウルトラブラック企業のみ。

ついでに新規営業職しかありません。

ひとと話すことが少ない30代の無職であれば、営業職は100%無理と言えます。

それは、日本語しか話せないのに、目隠しされてアメリカへ放り出されるようなもの。

働くひとの味方、ハローワークもそう。

私自身、20代の職歴ナシで相談に行った結果、見事に仕事を紹介してくれませんでした。

それ以来、ハローワークを利用することはなくなりました。

20代の未経験でハローワークが無理なら、30代はもっと無理です。

30代ニートなら就職支援サービスを利用するしかない

転職サイトでは、書類選考で落とされる。

ハローワークでは話すら聞いてくれない。

じゃあどうすればいいのか。

それは、就職・転職支援サービスを利用することです。

就職支援サービスは、コンサルタントと面談をして、適切な仕事を紹介してくれます。

ハローワークと同じに思われがちですが、そうではありません。

ハローワークは、ただ相談を聞くだけ。

就職支援サービスは、就職してもらってはじめてコンサルタントの成績になるからです。

つまり、後者のほうがしっかり対応してくれるということです。

とはいえ、やりたくもない仕事を無理やり紹介されるのは誰でも嫌なモノ。

そこで、私が実際に足を運んで未経験でも話を聞いてくれ、尚且つ仕事を紹介してくれた就職支援サービスを紹介します。

最初は勇気がいるかもですが、あくまで面談です。

今までの人生を取り戻すために、この記事を見ているはずです。

まずは一歩から頑張ってみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、就職支援サービスではいちばんの大手です。

つまり、どんな人でも就職させるノウハウが詰まっているということです。

30代のニートであっても、しっかり今後のことを伝えることで、エージェントもしっかり対応してくれます。

また紹介求人は非常に多いため、もしかしたら求人を選べる立場になれるかもしれませんよ。

 

【リクルートエージェント】

ワークポート

ワークポートは、ITやWEB系に特化した転職支援サービスです。

実は私も営業職で苦しんでいるときに、脱却したと思い、ワークポートを利用しました。

でも心配だったのが、営業職以外の経験が全くなかったため、相手にされないのではと思っていました。

その思いとは裏腹に、最後まで親切に対応いただき、WEB系の異職種で求人紹介してくれました。

そして30代にして、WEBディレクターという新職種にジョブチェンジできました。

 

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

DODA

DODAは、就職や転職業界でもっとも知名度のある就職支援サービスです。

たとえば、アルバイトのWeb anを運営しているパーソルキャリア社は有名ではないでしょうか。

その会社が運営しているのが、DODAです。

DODAは紹介求人数が多いと言うメリットがあるため、まずは仕事を紹介して欲しいひとにとってはピッタリ。

基本30代の無職ですと、仕事を紹介してもらえませんが、DODAは違います。

やはり紹介求人数が圧倒的に多いから30代でも余裕で紹介できてしまうわけです。

 

就職支援サービスならDODA

まとめ

30代の未経験で無職は、ほぼ詰んでいます。

しかし、そこに気づけるのか、行動できるのかどうかで、人生が大きく変わってきます。

正直、周りの人は自分のことなんて気にもしていないため、ふっきれて行動してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。