転職活動

新卒の転職はリスクだらけ!?短期間で転職したいと思ったときにやるべき5つのこと

新卒 転職

せっかく就職したのに、仕事を辞めたい!と考えている人は非常に多いのではないでしょうか。

なぜなら、就職前と就職後のギャップが大きいからです。

そこで、新卒が短期間で転職する場合に大きなリスクにならないためには、どうするべきなのか。

元中途採用面接官でもある私が、最適な方法をまとめてみました。

 

たぬきち
たぬきち
というか、ブラック企業多すぎてしんどいわ!

 

・新卒なのにもう転職したいと思っている人
・新卒で転職するのが怖いと思っている人
・すでに転職活動をしているが効率よくすすめたい人

新卒が短期間で転職する理由は自分のせいではなく会社の責任

新卒 転職

新卒のエントリーからはじまり、採用試験をくぐり抜けてようやく志望していた会社に入社できた。

本当にこれまで大変だったので、この時点ではとても嬉しかったのではないでしょうか。

しかし、入社わずかでしんどくなってしまい、「今すぐに転職したい!」なんて思うケースが後を絶ちません。

それは、社会の厳しさもさることながら、ブラック企業に入社してしまったからにほかなりません。

学生のような楽しさは全くありません。

 

たぬきち
たぬきち
会社にいるだけでも苦痛っす・・・。

 

もちろん自分自身の弱さもありますが、ほとんどの場合会社の責任なんです。

なぜなら、新卒はそういうものだしそれをフォローしてあげるのが会社の役目です。

いきなりしんどい仕事を押し付けてしまえば、ついてこれないに決まっています。

それもあってか、入社3年未満の離職率は30%を超えてしまったようです。

100人いれば30人が3年以内に退職しているというわけです。

 

たぬきち
たぬきち
予想以上に早期退職者って多いんですよ。

 

だから安心してください。

自分が全部悪いわけではありませんよ。

新卒が転職したいと思う理由

新卒 転職

新卒がなぜすぐに、転職したいと思ってしまうのでしょうか。

拘束時間が長い

新卒が転職したいと思う理由のひとつとして、拘束時間が長いことが挙げられます。

アルバイトであれば、決まった時間に帰ることができるのに、正社員はそうもいきません。

仕事が時間通りに終わろうがそうでなかろうが、職場によってはなかなか帰宅できません。

なぜなら、他の社員が帰ろうとしないから。

自分は新人だし先に帰るのはと思い、最後まで残ってしまうというわけです。

初月から拘束時間が長くなると、本当に転職したくなります。

上司が厳しい

会社によっては、上司がとても厳しいケースがあります。

仕事を教えるという親切な上司であればいいですが、全員がそうではありません。

ちょっとでもミスをしてしまうと、ありえないくらい怒ってくる場合も。

上司からすれば、一人前になってほしいからやっているかもしれませんが、新人からすれば迷惑です。

というか怒られるんじゃないかと恐怖で委縮してしまい、結果的にさらにミスが増えてしまうというわけです。

特に年上になればなるほど、コンプライアンスとは無関係の時代で育ってきたため、そういう上司に当たると最悪です。

仕事が楽しくない

正直、楽しい仕事なんてあるのでしょうか。

いくら自分がしたかった仕事でも、ほとんどの場合楽しくないはずです。

なぜなら、仕事をやらされている感がすごいからです。

もし趣味であれば自分から進んでやるので、ストレスなんか感じませんよね。

でも仕事の場合、絶対的に上司から指示をされます。

別な作業をしているのに、さらに上書きされたらたまったものじゃありません。

言い返すことができないので、さならるストレスが溜まっていきます。

ノルマがきつい

職種によっては、入社初月からノルマが大変な場合があります。

その職種に該当するのが営業職です。

そう、文系なら一度は通る道の営業職です。

ルート営業であれば、ノルマはそこまでありませんが、新規営業はこの世のモノとは思えないしんどさがあります。

だって知らない会社や個人宅に電話もしくは突撃訪問するわけですよ?

しかも1日何百件も。

さらにノルマとのサンドイッチをされたら、たまったものではありません。

質問できる環境じゃない

多忙な会社、部署に属してしまうと、先輩たちが忙しそうにしていることに気付くはずです。

新卒であれば、質問したいことも山ほどあります。

気を使える新卒であれば、話しかけてはいけないと思いそのタイミングで質問できず、困ってしまうことでしょう。

結果的に、質問しなかったことに怒られるか、質問しても冷たくされるかのどちからになるということです。

休みが少ない

いくら給料がもらえるからといって、休みが少なすぎると肉体的にも精神的にも持たなくなってしまいます。

本来であれば土日祝を休みにすれば、月平均10日は休めるという計算です。

しかし、週1休みになるとたったの4日に。

特に法律上は週1休みでも問題ないため、ブラック企業であればそれがまかり通っているんです。

これは新卒じゃなくても、しんどいです。

また、求人票をみて勘違いしてしまうケースも。

例えば、完全週休二日制と、週休二日制。

完全週休二日制は、週にかならず2日は休みがとれます。

対して週休二日制は、今週は1日休みで、来週2日休みでも問題ありません。

つまり1カ月のうち何処かの週で2日休むことができれば、週休二日制と表現していいわけです。

責任が重くてしんどい

アルバイトであれば、何か問題が起きたときには正社員が対応してくれました。

しかし、正社員になったとたんにそれをしなければなりません。

どんなクレームだろうが重たい仕事だろうが、逃げることはできません。

もちろん、しばらくは先輩がフォローしてくれますが、研修期間が終われば自分で対応しなければなりません。

求人内容と実際が違いすぎる

コンプライアンスに厳しくなってきている世の中。

それなのに、求人内容と実際が異なるケースが多々あります。

給料が違ったり、交通費がなかったり、アットホームじゃなかったり・・・。

ボーナスがなかったり、サービス残業だらけだったり・・・・。

言えばキリがありませんね。

しかも入社してしまったら、もう引き返すことはできないので、会社としては悪質です。

新卒はどのタイミングで転職するべきなのか

新卒 転職

新卒ですぐに転職を考えてしまうと、今やめると転職しづらいのではないか、と心配してしまうのではないでしょうか。

そこで、新卒はどのタイミングで転職するべきなのでしょうか。

何が何でも3年は頑張る

ちょっとしたことで転職したいと思う場合もありますが、そのときは少し踏みとどまってみてはいかがでしょうか。

なぜなら転職したあとで後悔することもあるからです。

ですから、3年頑張ることで転職のハードルは極端に下がると言えます。

入社3カ月以内なら転職してもいい

もし、現在使用期間中でどうしてもしんどいのであれば、転職する最大のタイミングではないでしょうか。

なぜなら、入社3カ月以内であれば職歴に書かなくてもいいため、傷が残りにくいというメリットがあります。

また、入社3カ月以内とはいえ社会人経験が少しでもあるという判断をしてくれます。

つまり第二新卒枠で採用してくれる可能性が高いということです。

入社1年以上経っているなら転職しても立派な職歴になる

頑張って耐え抜いて、入社から1年たっているのであればいつでも退職しても問題ありません。

なぜなら、1年と言う長い期間であれば、何かしらの経験や実績を残せている可能性があるからです。

それらの実績をうまいこと面接で伝えることができると、かなりの確率で採用されます。

どんな実績や経験でも構いません。

その業界について詳しくなったのであれば、それも経験です。

面接で堂々とお話ししましょう。

転職したい新卒へ面接のアドバイス

面接では、ほとんどの人が緊張します。

結果的に自分の力が100%発揮できず、失敗に終わることもあるでしょう。

そこで、根拠がなくてもいいので、自信をもって対応してみてください。

面接官の顔をしっかり見て、余裕を持った表情を保つこと。

どんな状況でも、笑顔を絶やさないことを意識してください。

 

たぬきち
たぬきち
オドオドしていると受かるものも受からないってことだねー。

 

正直どの面接した人よりも、輝いて見えますし出来そうな雰囲気があります。

これが新卒でもっとも効果的な面接対策と言えるでしょう。

新卒が短期間で転職をしたいと思ったときにやるべき5つのポイント

新卒 転職

もし、新卒が短期間で転職したいと思ったときに、どういうことをするべきなのかを見ていきましょう。

超売り手市場だから転職先はすぐ見つかると思うべき

正直、超就職氷河期の2000年頃であれば、転職はおすすめできませんでした。

なぜなら、就職場所もないのに転職できるわけないからです。

しかし、いまはそれが逆転しています。

超売り手市場のため、どこも人材を欲しがっているという現状があります。

しかも、新卒のような若い人材は引く手あまたのため、超がつくほど需要があります。

今仕事を辞めて転職したら、次見つからないかも?という考えは今すぐに捨ててください。

今回なぜ失敗したのかを考えて同じ過ちをおかさないようにする

新卒で入社した会社に、嫌なところがあったからこそ、早期転職したいと思うはずです。

ということは、また転職先に同じようなことがあると、また転職してしまうかもしれません。

いくら転職を推奨しても、短期間で退職しまくりはよくありません。

ですから、なぜ転職したいのかの原因を掘り下げるようにしましょう。

転職アプリの口コミを見て現状を知る

はじめての転職。

転職に関する知識なんてないけれど、できればブラック企業にだけは転職したくない。

100人いたら100人全員が、そう思うのではないでしょうか。

とはいっても、求人サイトを見ても、どこがブラック企業だなんて誰にも解りません。

そこで、転職アプリの口コミが大いに役立ちます。

転職アプリの口コミは、現社員や元社員が匿名で口コミを書いてくれています。

社内の環境だったり、人間関係、給料のことなどがリアルに閲覧できます。

ですから求人サイトでは見ることのできなかった裏情報を、無料でチェックできます。

求人サイトなんて、良いことしか書いてくれないから本当に厄介です。

 

転職アプリの口コミに関する記事は⇒転職アプリのキャリコネが激熱!?転職活動で知りたすぎた情報が入手可能!素通りは後悔レベル

ブラック企業に入社しないように転職サイトも事前にチェック

ブラック企業を可能な限り避けるためには、口コミをチェックするだけでは足りません。

念には念をもって対策しておく必要があります。

それが、転職サイトを事前に登録しておくことです。

この事前、というのが今回のポイントです。

超ブラック企業だと、毎月のように大量に退職していく人が多いため、常に求人をかけなければなりません。

求人は良いことばかり書いて、誰でも入社させ、結果を出す人だけを残留させる。

こんなヒドいことが、このコンプラ社会において、ふつうにまかり通っているわけです。

つまり、退職する随分前から事前に転職サイトに登録してチェックしておけば、どこがブラック企業なのかが一目みて解ります。

例えば、2か月以上掲載され、なおかつ検索の上位にいるような会社は絶対に応募しないようにしましょう。

応募した時点で、人生終わります。

 

転職サイトに関する記事は⇒転職アプリの評判はウソばかり!信用できないから体当たり調査で信用できた転職アプリ6個

転職エージェントに相談する

口コミと、転職サイトの対応が終わったのであれば、転職エージェントにお願いすることが最後の行動です。

転職エージェントとは、転職のアドバイスや求人紹介をしてくれる、無料の支援サービスのことを指します。

右も左もわからない新卒であれば、転職のプロに頼ることで採用される確率は絶対上がります。

また、ブラック企業の定義を伝えることで、変な求人を紹介されることもありません。

最初は1時間ほど転職エージェントと面談をして、やりたい仕事や条件などを伝えます。

それをもとに、転職エージェントが仕事を探してくれて紹介してくれるという仕組みです。

さらに、苦手な職務経歴書の書き方や面接対策まで、限りなく対応してくれるため面接力がアップ。

転職エージェントは完全無料なので、積極的に利用しましょう。

転職エージェントが無料で利用できる理由

転職エージェントが新卒にとって、欠かせない存在というのはわかった。

しかし、なぜそんな良いものが無料で使えるのか。

なんだか怪しい!って思うかもしれません。

転職エージェントが無料で使える理由、それは企業から広告費をもらっているからです。

企業は人材が欲しいけれど、求人をかけるとどんな人が来るかも解りません。

良い人がくれば悪い人もきます。

さらには応募がないなんてことも。

企業からすれば求人をかけることが、イチかバチかなんです。

ですが、転職エージェントに、「こういう人が欲しいから探してほしい。見つかったら費用を払います」

このような仕組みがあることで、転職者はずっと無料で利用できるというわけです。

これは、企業と転職者のミスマッチを少なくすることもでき、より満足度の高い転職ができるんです。

本当にブラック企業に入社したくないのであれば、

・転職先はすぐに見つかると思うこと
・同じ過ちをおかさないようにすること
・口コミサイトをチェックすること
・転職サイトを事前に登録しておくこと
・転職エージェントに相談すること

 

この5つさえやっておけば、ブラック企業に入社して即退職なんてことにはなりませんよ。

新卒でも親切に対応してくれる転職エージェント

転職エージェントはたくさんありますが、そのなかでも新卒の転職に特化したものだけをピックアップ。

また、実際に問合せしてみて良かったと思えた転職エージェントだけを紹介します。

 

評価の基準は

・面談対応が親切か
・希望通りの求人を提案してくれるか
・転職のサポートがしっかりしているか

 

この3点に重点を置いています。

また、転職エージェントを利用するなら複数社に登録するのがおすすめ。

なぜなら、転職エージェントによっては得意分野があるからです。

また、各社独自の求人ルートがあるため、基本は被ることがありません。

複数社に面談を済ませておけば、あとは勝手に求人を探してくれます。

1社だけだと5件の求人紹介のところ、2社だと10件になるということです。

キャリアスタート

キャリアスタートは、20代の転職者に特化した転職支援を行っているエージェントです。

例え20代のフリーターや未経験であっても、かならず正社員へ導いてくれます。

また、履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、面接対策までフルサポート。

親切丁寧にアドバイスしてくれるため、最後まで安心できますよ。

 

キャリアスタート

ネオキャリア

超大手の転職支援サイトと言えば、ネオキャリアです。

そのネオキャリアが、新卒や既卒を中心に、転職支援をしています。

就職・転職成功者数はなんと15,000人以上。

転職支援サービスとしては、実績がけた外れです。

 

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

ジェイック

ジェイックは、就職後の定着率に重きを置いています。

なぜなら、ブラック企業を徹底的に排除しているからです。

せっかく入社できたのに、そこがブラック企業だったなんてなると、また振り出しに戻ってしまいます。

そうならないために、ジェイックが根本から排除してくれていますので、安心して利用できますね。

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

ウズキャリ

ウズキャリは、第二新卒の転職をメインに取り扱っている、転職エージェントです。

つまり、第二新卒の気持ちを十分くみ取ってくれるというメリットがあります。

はじめての転職だし不安なところ、気持ちを読み取ってくれるのは、本当に心強いですよね。

今度は絶対に仕事選びに失敗したくないのであれば、ウズキャリがおすすめです。

既卒・第二新卒の就職をマンツーマンで徹底サポート!

 

完全無料でサポート致します【ウズキャリ第二新卒】

まとめ

新卒が入社してすぐに辞めたい、なんていうのは世間から見ると印象はよくないかもしれません。

しかし、そうなってしまうのは会社の責任でもあります。

辞めたいを我慢するという考えは、自分のためではありません。

周りの目を気にしているだけ。

では、はやく転職をして結果を残し、元気な自分を見せてあげればいいじゃないですか。

今のところでとどまっていても、絶対に成長しません毎日楽しくありませんよ。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。副業の収入だけで年間200万円以上確保。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。