転職活動

転職アプリのMiidasが評判よすぎて他の転職サイトが使えない!一体なぜ?

転職アプリ

みなさんは、転職を考えているもしくは転職活動中ではないでしょうか。

実は、ほどんとの人はハローワークや有名どころの転職サイトを利用しているのが現状です。

いや、私も元々はそうでした。だって安心感ありますもん。

ハローワークはまったくもって圏外ですが・・・。(ブラックか空求人ばかり)

そして、転職サイトを使ってみて思ったのが、ブラック企業が常に求人を掲載しているしそんな会社に入社したら大変なことに・・・。

しかも転職サイト経由の年収はだいたい低い。

じゃあ、どうすればいいのか。

そんなときに、Miidasというアプリを発見しました。

わずかの時間に細かく自己分析してくれて、意外なことも知ることができます。

ですから、それだけでも利用する価値があるといえるでしょう。

・転職サイトは捨てるべき!?今どきの転職事情を知る
・Miidasは求人を探さなくてもオファーが大量にくる
・適正検査が自己分析に100%使える

転職アプリのMiidasとは?

Miidas(ミイダス)は元インテリジェンス社、現パーソルキャリア社が開発した転職サイトのアプリ版です。

パーソルキャリアといえば、DODAなどの転職サイトで有名な会社です。

登録して自分の情報を入力するだけで、なんと想定オファー年収の提示と企業から大量のオファーをいただけます。(想像以上に)

Miidasは、転職サイトのようにこちらから求人を探すということができませんが、待っているだけでいいということ。

経歴と想定オファー年収を企業が見て、コンタクトをとってくれるのでなんかとても楽です。

さらにシンプルな作りのため、操作的に迷うということはありません。

一般の転職サイトは、いろんなキャンペーンを打ち出しまくって賑わっていますが、何処に何があるのかわかりづらいです・・・。

転職アプリのMiidasに無料登録してみよう!

公式サイト
https://miidas.jp/

miidasは必要な情報を入力すれば、オファー年収をリアルな数字でみることができます。

この能力だと、これくらいの年収を提示してもいいだろう、という企業側からの推測値がオファー年収です。

この数字は相手が提示してきている分、自分にとって自信のもてるものですから、転職活動に期待ができるといっても過言ではありません。

 

Miidasでは、プロフィール、職務経歴、実務経験、語学・資格を入力するだけです。ここまででおよそ5分くらいでしょうか。

Miidasの年収がすごいことに

すべての入力がおわると、お待ちかねのオファー年収が確認できます。

 

Miidas

 

う・・・。うそでしょ?

想定オファー年収が759万円もあって、面接確約オファーが112件もありました・・・。

つまり書類選考なしで面接まで行ける会社が112件ですか。

転職サイトでチマチマ書類選考を待っているのが面倒になります。

書類選考というWEBや紙ベースでしかアピールできないのに、お祈りメールは「残念ながら・・・」が定型文。

祈るくらいならせめて面接してくれよ!って思います。

ちなみにこのMiidasのデータは、私が過去に経験していた営業職で算出した数字です。

いやいや、こんな年収で転職出来たらその場で即決しますよ・・・。

こういうデータをみると、いかに今は売り手市場ということがわかります。

転職アプリのMiidasに登録した後はどうするの?

こちらからは求人を探すということができないため、ひたすらオファーを待つことになります。

しかし、予想以上にオファーが届きます。さきほどの面接確約の112件もウソではないということでしょう。

そして肝心のオファーというと・・・。

 

 

いやはや、結構いいオファーが届いているじゃありませんか。(会社名・求人内容は隠しています)

Miidasのいいところは、こうやって一覧で会社名と年収と業務内容を一緒にみれることです。

さらに詳しいことが知りたければ、会社名をクリックするだけ。

年収が期待以下の求人もありますが、1,000万越えも可能なオファーもありました。

Miidasのゴールドオファーは貴重

ひときわ目立つゴールドのオファー。これは年収アップ確定します、という内容です。ですから面接で年収交渉がしやすいというメリットがあります。

もう、どのオファーも面接確約ですから逆に悩んでしまいそうです。

詳細から応募方法が選べる

Miidasは書類選考がありません。いきなり面接です。

気になる求人をクリックすると、下に返信方法というバナーがあります。

そこをクリックすると、

・面接へ応募する
・面接ではなく面談からスタートしたい
・希望条件の交渉をしたい
・オファーについて質問したい

この4項目から選択できます。

・・・すごくないですか?

面接へ応募するは普通ですが、面談ができたり、条件の交渉ができたり。

面接前ですよ?

普通ならありえません。

でもMiidasではこれが普通にできてしまうわけです。

転職アプリのMiidasへ実際に応募してみたらどうなった?

一時期転職活動をしていたことから、Miidasで面接をしてみることにしました。

miidas

2社とも当然ですがいきなり面接でした。

しかし、そのうち1社は会社のことを知ってほしいからということで、面談形式で進めてくださいました。

なんかもう転職サイトとは全く違う世界観で、おどろきの連続でした。

いままで数々の面接を受けてきましたが、これほどリラックスして望めたことはあっただろうか。

担当者は、「何でも質問してください。面談ですから何でもお答えします。」とおっしゃってくれました。

なかなかきけない給料のことも教えてくれましたし、なにより面談内容が気に入らなかったら辞退してくださいと進んでお知らせしてくれました。

Miidasの適性検査をうけておくと自己分析ができる

Miidasは、ただのオファー求人アプリではありません。

自分自身のことをより知ることができる、ミイダス適正チェックというものがあります。

ほかのサイトでも、自己分析ができるツールはありますが、Miidasは一級品だと感じました。

それはなぜか。

それはあまりにも細かい分析をしてくれるからです。

能力特性は9つの要素で分類できる

まずは、能力特性。

標準点が1から10まであり、高ければ高いほどその素質があるということです。

私の場合は、人あたりがとてもよく、良い印象をあたえ思いやりと節度をもった態度がとれる。

・・・めっちゃ良いこと書いてますね!(もちろん当たっています)

・ヴァイタリティでは強い競争心をもっているが6点
・人あたりでは思いやりと節度を持った態度がとれるが8点
・チームワークではチームにうまく溶け込むことができるが6点

ヴァイタリティにおいても、私は超負けず嫌いのため、結果をだすためには手段を選びません。これも当たっています。

そして、プレッシャー耐性が2と最弱をほこるメンタル力が見抜かれました。

・プレッシャーでは、プレッシャーを上手に扱うことができるが2点
・オーガナイズでは、計画を立てたり問題を予見することができるが6点
・統率力では、メンバーの動きに注意しコミットをたてることができるが5点

つまり、プレッシャー耐性がとても弱いが指導者として後輩や部下を配置することがうまい、ということでしょうか。

9つの結果でわかるあなたの強みとは

9つの結果をもとに、2つのデータがみれます。

やはり、私はよほど人あたりがいいのでしょう・・・。(笑)

・人あたりでは、周囲にいい影響をあたえ、嫌がることや傷つけたりすることをしない
・状況適応力では、対人関係でも相手を見てどう動くのかを知っている

それはさておき、私は自分がされて嫌なことは人には絶対しないという主義です。

対人関係でも、営業職で成績がトップだったのも、状況適応力が高かったからなのかと、改めて思いました。

Miidasで適正職種を知ろう!

次に職務適性をみていきましょう。

私に向いている職種は、やはり営業職でした。そして真逆であろうオフィスワークも適しているそうです。

まぁ、今のWEBディレクターは半分オフィスワークのようなものですが・・・。

 

びっくりしたのが、営業職というくくりではなく、さらに細分化したデータをみることができます。

法人営業がいちばん向いていて、金融営業の個人向けが向いていないようです。(もちろんやりたくない)

不動産営業が向いているというのは意外な情報でした。(怖そうだしやりたくない)

全体をとおして適性をチェックしてみましたが、指摘されたことがかなりの確率で当たっていることにびっくりしました。

ですから、転職を考えている人はもちろん、それ以外でも自分を知るという意味でもMiidasを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

Miidasは単純にオファーを待つだけのアプリではありません。

自分のことをよく知るためにも使っておきたいもの。

また、自分から求人を探すのもいいですが、このような斬新なアプリでオファーを待ってみてはいかがでしょうか。

大量のオファーがありますし、年収も高い傾向にあるため、良い条件で転職したいのであれば、Miidasはおすすめといってもいいでしょう。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。