転職活動

ブラック企業の見分け方ってあるの?新卒~転職時の面接の質問内容で解る確実な方法

ブラック企業 見分け方

面接慣れしていない新卒者はブラック企業の見分け方がわからなかったり、転職者は何回も職業や職場を変えるのはおかしい事なのかなと悩む方も多いのではないでしょうか?

最近では、インターネットを使用して会社・企業の社員さんからの評判(口コミ)や面接に行った人達からの意見などを参考にできるサイトを閲覧する事ができますので、事前にブラック企業の情報を入手する事ができます。

今回は、ブラック企業の見分け方で新卒~転職時の面接の質問はや口コミ(評判)について皆さんにご紹介します。

ブラック企業の見分け方で新卒時の面接の質問は?

ブラック企業の見分け方で新卒時の面接の質問は、どのような内容なのでしょうか経験や口コミ(評判)などを調べてみました。

ブラック企業があれば、労働環境が良いホワイト優良企業も少なからずあるのですが、そもそもブラック会社の定義とはなんなのでしょうか。

厚生労働省では、必ずしもブラック企業の定義は作成していないようですが人を大切にしない会社の特徴はたくさんあります。

・1人ではさばけないような膨大なノルマがある
・違法な長時間労働やサービス残業がある
・労働者を差別したりパワハラ・セクハラなどのハラスメント行為をする
・コンプライアンスが徹底して守られていない

ブラック企業の大まかな特徴としては、これらの事実があるのですが新卒~転職時に面接しても、こういうのは企業の内部の雰囲気や仕事内容ですので見破れる人はかなり少ないと思います。

さらに、ブラック企業の一番最大の要因として社員の離職率が物凄く高いという事です。

つまり、人の入れ替わりが激しいので社員教育もいき届いていないですし常に人員不足なので、すぐに即戦力になってくれる人を常にハローワークや求人誌で募集しています。

ですが、これも会社の内部の事なので面接時にはわかるはずもなく面接で【離職率はどのくらいですか?人の入れ替わりは激しいですか?】などと言う質問を新卒者や転職者がしてしまうのはタブーすぎるので止めておいたほうが良いです。

だいいち、そのような質問を面接官にしても本当のことを教えてくれる保証はないのです。

本当に気になる企業の実態は、実際に入社してみないとわかりませんがある程度のブラック企業の見分け方では、新卒時の面接で面接官からの以下のような質問をされたら危険信号だと思いますので目安にされてください。

・彼氏・彼女や結婚した相手の写真や名前は?
・両親の職業は何?
・明日から入社できる?
・普通の人より体力はある?
・会社の備品を購入してもらえる?
・試用期間がないor試用期間が6ヶ月など長い
・社会保険がないけど良い?
・会社に泊まれる?

などなど、あなたが新卒者で企業の面接に行った時に、このような質問内容をされたらプライバシーに関わる問題に配慮されていないと思いますし労働基準法に適していないでしょう。

特に、初めて社会人になる新卒者は面接に対する耐性もないですし、ブラック企業の見分け方がわからないと思いますので参考にしてください。

ブラック企業の見分け方で転職時の面接の質問は?

ブラック企業の見分け方で転職時の面接の質問は、どんな内容なのでしょうか実際の私の転職経験や口コミ(評判)などを調べてみました。

転職者は、新卒者と違ってある程度社会人経験がありますので企業側も即戦力を求めているケースが大半です。

なので、転職する時のセオリーとして基本的には同じ職種で経営状態が良い会社や資格や技能などを取得してのステップアップで転職をした方が圧倒的に有利です。

また、自己分析をしっかりして気になる会社のリサーチも入念に行うことで面接時に落ち着いて質疑応答ができますし、余裕が持てるので採用してもらえる確率もあがります!

私は、転職は逃げの転職ではなく資格を取得したりスキルアップをしたりして、常に良い会社がないかアンテナを貼りながらでしたので、そこまでブラック企業の面接を受ける事がなかったのかなと思います。

そして、ブラック企業の見分け方で転職時の面接の質問内容は、新卒時の質問とある程度同じですが以下の事を聞かれたら危険信号が出ていると思っていいと思います。

・彼氏・彼女や結婚した相手の写真や名前は?
・両親の職業は何?
・明日から入社できる?
・普通の人より体力はある?
・会社の備品を購入してもらえる?
・試用期間がないor試用期間が6ヶ月など長い
・社会保険がないけど良い?
・会社に泊まれる?
・未経験の仕事だけど求人票より給料はアップするね?
・前職を辞めたのは前の会社が悪い?
・契約社員やアルバイト募集なので将来も正社員登用はないけど良い?
・うちの会社は利益も好調で景気が良いのは知ってる?

などが、あなたが転職者なら気をつけてほしいブラック企業の質問内容になっています。

特に、未経験の仕事に面接に来ていて前職の経験が全く役に立たないのにいきなり給料UPするから、ぜひすぐに入社してくれと言われたり試用期間がなかったり長すぎた場合は、ほぼほぼブラック企業だと思っていいでしょう。

そういう企業は、新人研修やOJTなどきちんとした教育がされていない所だったり、また新しい企業で戦力として通用するかわからないのに過度に期待をして給料を上げるのは
おかしいですよね。

また、私のように何回も転職している人にとって大切な事は、例えば自動車に関する仕事をしていたら今後も自動車業界や車が関わっている職種を選ぶようにするといった 一貫性を持った行動を取る!という事なんです。

ブラック企業の見分け方は口コミ(評判)を参考にしよう!

ブラック企業の見分け方は、実際にその会社で働いている社員さんや辞めたスタッフ・企業の面接に行った人などの口コミ(評判)を見る事によってもあるていど、あまり良くない会社に間違って入社する事を防ぐ事ができます。

私が、良く求職中に見ていた口コミ(評判)サイトは10万件の企業口コミ。キャリコネです。

キャリコネでは【企業の年収・やりがい・仕事内容・会社概要】などを把握する事ができるので、新卒者や転職者の方で面接を控えている方は応募する企業がブラック企業じゃないかある程度、把握する事がえきるので参考にしてください。

そして、口コミ(感想)などを見て、雰囲気が良さそうな企業なのか良く考えたり両親や友人に相談するのも良いでしょう。

まとめ

ブラック企業の見分け方では、新卒者や転職者に対して面接時には圧迫面接は少なく、むしろすぐにでも即戦力が欲しいのでとても優しく対応する企業もあります。

キャリコネなどの口コミ(評判)サイトなどを参考にして、面接時の会社側の説明と違いがないかしっかりとコミュニケーションをとって後悔しないようにしましょう。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。