転職活動

毎日の仕事が怖くて辛いと感じたらどうする?恐怖から解放されるためにやるべきこと

私は、約5年ほど新規営業職をやっていました。

いやはや、この職種を聞いただけで超絶ブラックと感じる人も多いことでしょう。

まさにその通り。

地獄という地獄を味わいながらも、転職を重ねつつ5年間も同業種でやりきることができました。

当然、なんどか恐怖で仕事に行くのが怖くなったり、病気になってしまったり・・・。

そこで、どうやってそんな恐怖から逃れられることができるのでしょうか。

この記事でわかること

・なぜ仕事に恐怖心を感じてしまうのか
・恐怖から解放されるためにやるべきこと
・自分ではなく環境がダメになっている可能性

どうして仕事に恐怖を感じてしまうのか

仕事をしないと、生活できません。

ですから、どんな過酷な状況だったとしても出勤しなくてはならないのが、辛いところではないでしょうか。

とはいえ、体が拒絶反応を起こしてしまっては、仕事を続けることは不可能といえます。

そもそも、なぜ仕事に恐怖を感じてしまうのでしょうか。

ミスやクレームに怯える毎日

人は、だれしもが完ぺきではありません。

当然、ミスもしますしときにはクレームを発生させてしまうこともあるでしょう。

ですが、それらを過剰に意識してしまい、ミスをしないように頑張るわけです。

もちろん、キャパを超えてしまえば頭が爆発し、精神的に参ってしまいます。

また、ミスを連発すれば上司から怒られます。

それが重なると、上司に対して委縮してしまい質問すらできなくなってくるでしょう。

苦手な仕事が毎日のようにある

全てが全て、楽しい仕事なんかありません。

楽しかったら苦労なんてしません。

人によっては、苦手な仕事が回ってくることもあるでしょう。

私の場合は、電話対応がとても苦手で、ほんとうに辛い思いをしました。

理由はわかりませんが、手が震えるほどの恐怖心が当時ありました。

おそらく、今考えると見えないお客様に対して恐怖心があったのでしょう。

どうにかして克服しようとしましたが、もはや体が受け付けませんでした。

毎日、吐きながら耐えていました。

ですがおかしいことに、飛込営業の方が自分には合っていたため、そちらにシフトチェンジ。

なんとか底なしの恐怖心から解放されました。

人間関係が苦痛で仕方がない

厳しい上司や難しい先輩に囲まれると、胃がキリキリしてたまりません。

質問したいとおもっても、なぜだか空気がピリピリしているため、遠慮してしまいます。

しばらくすると、質問しなかったことを責められ、さらなる苦痛を味わうことになるでしょう。

ミスを恐れてしまうのは真面目な証拠

正直、ミスを恐れてしまうのは気が小さいか、とても真面目な人間のように思えます。

 

私は真面目ではありませんが・・・。

 

どちらにせよ、不真面目より真面目に越したことはありません。

ただ、ところどころ息抜きをしないと本当に精神的に持ちません。

仕事が怖いと思ったときの正しい対処法

私がなんとか、のらりくらり恐怖と戦いかわしてきた対処法をお伝えします。

休みの前日は好きなことをとことんやる

私の場合、土日が休みです。

本来であれば、土曜日にパーッと行きたいところですが、あえて金曜の夜に行います。

私の場合は、「呑む」ことである程度の恐怖心をやわらげてくれます。

ですが、心に余裕があるのは金曜の夜です。

明日も明後日も休みだ、なんて考えながら飲むのは最高です。

日曜の夜は悲惨なくらいテンションが下がっていますが・・・。

怒られる前に質問しまくる

ちょっと気が引けるかもしれませんが、可能な限り最初から質問しまくることをおすすめします。

入社して間もないのであれば、どんな質問だって答えてくれるでしょう。

それが、ズルズルいってしまうと、疑問だけが残ってしまい質問できずに苦しむことに。

また、ミスやクレームを発生させないためにも、質問を積極的にするということが重要です。

恐ろしいほどの結果を残す

正直、これをやってしまえばミスをしようが怒られません。

むしろ自分中心に物事が回ります。

私の場合は営業職だったため、ストレートに結果があらわれます。

最初は全く結果が出ずに、ミスしてなくても怒られていました。

なんという理不尽・・・!

しかし、結果を残せるようになってからはミスも怖くなくなりましたし、なにより自分に自信がつきました。

転職を検討してみることも重要

私は営業職で、ずっと底辺を味わっていました。

何をしても無駄でしたし、糸が絡まりすぎて脱出不可能なところまできていました。

しかし、精神的に限界がきて転職をしたことがきっかけで、覚醒しました。

私にその環境があっていたせいか、同じ職種でもエリアで1位の成績を実現。

 

環境が人を変えるとはよくいったものです。

 

 

転職は悪だなんて思わずに、行動することで大きな花を咲かせられる可能性があります。

まとめ

いまはどこの会社もブラック企業です。

ブラックであればあるほど、心休まることがありません。

ですから、そこでもがくのではなく少しでも脱出することを考えてみましょう。

きっとあなたにとって最適な方法が見つかるかもしれません。

ABOUT ME
たぬきち
30代前半にして転職は4回経験済み。全部ブラック企業でうつ病になってしまう。現在は完全に回復。Webディレクターの経験を活かし副業にチャレンジ。その後Webライティングで月100万円の売上を達成。病気だろうが転職回数が多かろうが、前向きになんとかやっていけることを証明中。